確認書類

img_05

雇用保険被保険者証
雇用保険の被保険者証は入社時にもらえる場合もあるが、会社の方で保管していることもあります。
失業給付を受けるために、必要になりますので、もらっていない方は、担当者に確認しましょう。
紛失した場合は、ハローワークで再発行が可能です。再就職先が決まったら、再就職先に提出します。
失業給付の手続きはハローワークで行います。
失業給付は、辞めた理由が、会社都合か自己都合かにより、いつからもらえるのかが変わってきます。
求職の申し込みをして待機期間というのが7日間あります。
会社都合の場合、待機期間満了日から、自己都合だと待機期間満了日にさらに3ヶ月の給付制限期間後に給付が開始されます。

年金手帳
基本的に自分で管理するものです。会社で管理してくれているところもありますので、入社時に預けた場合は、返してもらうようにしましょう。
大切な書類ですから、取り扱いに注意しましょう。
年金手帳は、退職後、国民年金に切り替える際に必要となります。
再就職先で厚生年金に加入する場合は、再就職での加入手続きの際にも、必要になります。

離職票
退職後、勤めていた会社が手続きをしてくれます。手続き完了後、会社にもらいに行くか、郵送してもらうようにします。
手続きに時間がかかることもあります。なかなかもらえない時は、勤めていた会社に問い合わせてみよう。

源泉徴収票
退職日当日か退職後にもらえます。次の会社の入社時に提出を求められるか年末調整の必要書類として提出します。

健康保険の手続き
健康保険は退職と同時に喪失となります。自分で役所に行き、国民健康保険に加入手続きを行わなければなりません。
退職日が分かるものと印鑑等が必要となります。他にも必要なものがあるかもしれませんので各役所のHPで確認してから行くのが良いでしょう。年金手続きと当時に行く1回で済みます。

img_09