退職・転職の時期

転職すると決めたら、いつ退職するのか、いつから転職活動を開始するのかということを考えます。
自分が担当している仕事の時期的な問題、引き継ぐ仕事量の問題、転職したい業種の求人の時期の問題などから、退職と転職の時期を見極めます。
また、転職活動は、在職中に行うか、退職して行うかを決めます。

在職したまま転職活動する場合のメリット・デメリットは何でしょうか。
メリットは、収入が入ってくるのというのが一番のメリットでしょう。
生活費の心配をしなくて良いですし、収入が得られていると心に余裕ができ、転職先を選ぶ際に、条件面で譲歩しなくてよくなります。
また、退職や就職に伴う健康保険や厚生年金などの手続きを、それぞれの会社が行ってくれるので、手間が省けます。
次にデメリットを考えてみます。

在職中の転職活動は、しづらいです。時間の調整が難しくなります。急ぎの求人には応募できません。
仕事が忙しくなると、転職活動に力を入れることが出来なくなります。
退職が三か月後くらいなら、在職したままの転職活動も可能です。
在職のまま転職活動をする方も多いので、採用者も考慮してくれます。ただし、退職日は決めていた方が、採用者も採用しやすいでしょう。
では、退職後に退職後に活動を行う場合はどうでしょうか。
メリットは、活動に専念できることです。

面接対策などじっくりと時間を費やすことが出来ます。
自分に足りない技術を磨いたり、面接を複数いれたりすることも可能です。
デメリットは、やはり収入面が大きいです。給与が入ってこなくなるので、失業給付がない期間の生活を考えないといけません。
また、早く就職しないと生活費が入ってこないなど精神面でのプレッシャーになり、求人の条件に妥協しやすくなりますし、採用されなかったときのショックが大きくなりがちです。
有給がたくさん残っている場合は、有給期間を活用して職探しを行う方法あります。
在職中に転職する方は転職エージェントをフル活用すると良いです。

時間を問わず求人の閲覧や応募ができますし、複数の会社にアプローチできます。

ちなみに転職エージェントと似たような転職サービスに転職サイトがありますが、両者は似ていて異なるものです。
転職エージェントには転職サイトとは異なり、転職を支えてくれるコンサルタントがいるため、ブラック企業など、悪質な会社に間違って入ってしまわないリスクを大幅に減らしてくれるメリットがあります。

東京、さいたま、横浜、名古屋、大阪、福岡、仙台、札幌、、、転職エージェントはそれなりの都市部であれば、どこにでもあります。
また、新卒で入った会社がブラック企業だった人にとっても転職エージェントは他の転職サービスよりもはるかに重要な役割を果たしてくれるみたいです。
それは第二新卒の転職に実績のある転職エージェントを活用するとわかります。
第二新卒の求人に実績がある転職エージェントがどこなのかを調べているサイトを見つけたのですが、こういったサイトを参考に転職を考えると良いでしょう。

それから転職エージェントには複数登録することで、希望の求人を多く紹介してもらえるのでエージェントへは複数登録が基本のようです。

転職期間は1か月程度はかかるため、在職中に早めに登録することがポイントのようです。

img_08