引継ぎその他

 引継ぎについて

 退職日がどんどん近づいているのに、引き継ぎの話が全くでない。
 面接も行っていないようだ。いつ引継ぎをするのだろう。ほんとに辞めさせてくれるのかな。
 そんな不安を感じることもあります。
 後任者がなかなか決まらないということもあります。
 退職日がどんどん近づいているのになかなか後任者の話が出ない。
 仕事量を考えても、短時間での引継ぎは難しそうだ。
 そういったときは、引き継ぎ資料を準備しておくとよいでしょう。
 直接仕事に関わっている者にとっては、気になる問題ですが、上司や役付の方には、小さな問題の様です。
 辞める直前になって後任者が、結局決まらなかったから、作ってくれなどと言われることもあります。
 振り回されないように、準備しておくと後が楽です。
 後任者が決まったとしても短い期間では、なかなか伝えられないこともあります。
 そういったときに活用できますし、引き継ぎが楽になりますので、作って損はないと思います。

img_04

退職時に返却するもの

会社の物を返却するのを忘れないようにしましょう。
辞め方にもよりますが、辞めた後、職場に戻るのは、気まずかったりします。
また、手許にあっても、処分に困ります。
退職までに綺麗に返却するようにしましょう。
主に返却するものは、下記の通りです。

社員であることの証明:社員証、名刺など
貸与されたもの:通勤定期、制服やロッカーのカギなど
社費で購入したもの:事務用品類、印鑑、書籍など
会社のもの:データ、資料、得意先からもらった名刺など

最近では、個人情報の流出の問題など情報の取り扱いに注意が必要です。
手元に残していても、処分に困ります。すべて返却するようにしましょう。